今流行りのギグワークとは

サムネ

ギグワークとは、1~3時間などの短い時間だけ働き、継続した雇用関係のない働き方をさします。

最近だとウーバーイーツのような働き方がそれにあたります。

これまでの雇用主と労働者の関係ではなく、仕事の発注者と受注者という業務委託契約のような関係で働くので

アルバイトや正社員のように継続して同じ勤務先で働く必要はありません。

職種や時間、人間関係など働くうえでの自由度が高いことから、多様な働き方の一つとして注目を集めています。

ギグワークのメリット

サムネ

スキマ時間を活用できる

ギグワークのメリットはなんといってもスキマ時間を活用できることです。

正社員やアルバイトと違い丸一日拘束されることもなく、自分でいつ何時間働くのかを決めることができます。

仕事の内容も比較的簡単なものが多いので、通勤退勤の電車内などでサクッと稼げるのも魅力的ですね。

人間関係に悩まされない

ギグワークは雇用関係を結ばず、その時々で仕事も変わるので、継続的な人間関係に悩まされることはありません。

また基本的にノルマもないので、仕事のプレッシャーに追われることなくのんびりと働くことができます。

手軽に収入を増やせる

一般的な会社では、決まった時間を働いたら決まった給料が決まった日に振り込まれますが

ギグワークはその日仕事をすれば、即日もしくは翌日には報酬が手に入ることが多いです。

ちょうど出費がかさんでしまった月などに埋め合わせてとして充てることもできますね。

ギグワークのデメリット

サムネ

何があっても自己責任

ギグワークでは雇用契約が発生しないので、労働関連の法律が適用されません。

たとえばウーバーイーツの場合、配達中のトラブルは基本的に自己責任となります。

いざとなったら会社が責任を持ってくれるという後ろ盾がないので

危険が伴う仕事をする場合は、個人的に保険に加入するなどの対策をしておくとよいでしょう。

スキルが身につかない

ギグワークは初心者でも出来るような仕事が多く、続けていても専門的なスキルを身につけるのは難しいです。

お金を稼ぐだけではなく、将来的にスキルを身につけたいという人には向いていないかもしれません。

まとめ

サムネ

ギグワークは短い時間でコツコツと稼げる新しい働き方です。

会社の保障がなかったり、スキルが身につきにくいなどのデメリットもありますが

上手に活用すれば、手軽に収入を増やすことができます。

自分のペースで続けられるので、初めて副業をするという人にもオススメです。

なおこのサイトではスマホで出来るおすすめのギグワーク(副業)をランキング形式で紹介しています。

無料のLINE登録ですぐに始められるので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

>>ランキングサイト